お悩み相談掲示板アリ
探偵ガイドDTmap

盗聴 盗聴器


盗聴の現状

現在、一般的に盗聴器と呼ばれるものは年間30万個以上販売されており、1日に1000個以上の数の盗聴器が世の中に出回り仕掛けられていることになります。 理由としては、
  • 盗聴器自体の価格が安くなった
  • 機器の小型・高性能化により、偽装がほどこしやすくなり仕掛けやすくなった
  • インターネットで購入が出来るなど購入の手段が増えたために一般の人が購入しやすくなった
  • 操作自体が簡単な為に一般の人でも特に知識がなくても扱えるようになった
  • などがあげられます。
    このような状況の中、「盗聴」という言葉は日常的になってきています。
    一昔前は探偵社や興信所などのプロの方が主に情報収集の為に扱っていましたが、最近では上記の原因などにより一般の人でも簡単に盗聴器を入手、設置できるようになりました。


    次へ ≫

    おかしいなと思ったら専門家に相談することをオススメします


    盗聴/盗聴器

    盗聴について
    盗聴の目的
    盗聴器の種類
    電話の盗聴
    周囲の音を盗聴
    盗聴器の発見と除去
    条件による探索
    目視による探索
    受信による探索
    電波探知機による探索
    盗聴に関わる法律
    住居侵入罪
    窃盗罪
    恐喝
    ストーカー規制法
    有線電気通信法
    電気通信事業法
    電波法
    盗聴の現状

    多重債務 解決

    盗聴・盗聴器発見
    盗聴の現状

    関連/推薦サイト
    雛人形・五月人形 自己破産・債務整理